平塚で腰痛/坐骨神経痛/産後の骨盤矯正でお悩みなら湘南ひらつか整体院へ

足底筋膜炎、足裏踵・足痛み
女性に多い外反母趾の痛みお悩み

足底筋膜炎足裏かかと足の甲痛み、外反母趾 骨盤の歪み も原因!

 

2012年にマラソン・ジョギング人口がついに1000万人を超え、

 

それと同時に足裏やかかとの痛み(足底筋膜炎)のご相談も急増しております。



あなたは下記のようなに関する痛み症状お悩みではありませんか  

朝方歩き始めで足裏・かかとが痛い。
土踏まずのあたりが重だるい、痛い。

□足型測定で、偏平足、開帳足(足裏が平ら)と言われた。
足底筋膜炎と診断され、踵(かかと)付近が痛む。

ショッピングで歩いていると足裏が痛くなったり、足首やふくらはぎがだるくなる。
□長時間歩くと
足の親指付け根(母指球)が痛くなる。

ヒールをよくはく。以前、ヒールをよくはいていた。
□整形外科で
外反母趾と診断され、親指の外側が痛む


正座をしていると足首や足の甲が痛くなる。

捻挫をしたことがある、あるいはよく捻挫をする。
靴底の減り方が左右で異なる。

有痛性外脛骨と診断され、土踏まずの内側が痛む。
ジョギング後に足のすねが痛くなる、だるくなる。

シンスプリントの治療を受けているが改善しない。
アキレス腱痛みやハリ感が気になる。



湘南ひらつか整体院の早川直樹最近では、ヒールをよく履く女性のみならず、

空前のマラソン・ジョギングブームもあって、

く相談されるようになってきたのが

 

足裏やかかとの痛み、すねやふくらはぎの痛みやだるさ、足底筋膜炎シンスプリントと言われるスポーツ障害です。


 

サッカーやテニスなど急にカラダを反転させる動きやバレーやバスケットなどジャンプすることが多いスポーツで、足首を内側にひねった捻挫をしてしまい、その時の処置が十分でなかったため、慢性的な捻挫状態になり、30代すぎから足に痛みが出ることも多く見受けられます。

膝や肘の関節痛と同様、筋肉を傷めているというよりも、
足の靭帯を痛めたり、骨や関節のゆがみが原因であることが多く、繊細な調整が必要となります。

また、意外に思われるかもしれませんが、

足首や足裏・足の甲・かかとの痛みが、骨盤のゆがみが原因であることも多いのです!

骨盤の左右のバランスが崩れると、一方の足に体重がかたより、その負担の蓄積が最終的には足首や足裏を痛めることになります。

また、
骨盤の前後方向のバランス(猫背も原因)が崩れると、つま先もしくは踵(かかと)に体重がかたより、同様のことが起こります。

 

当院の「全身&骨盤バランス整体」では

1、足裏や踵などの痛みの発生部位の繊細な筋膜と関節調整

2、
足首骨盤のバランス調整。
  ※場合によっては、
猫背O脚矯正を必要とする場合もあります。

3、必要に応じて
テーピングによる患部の保護&補強を行います。

4、改善を早め、ケガの予防につながるセルフケア用の
体操ストレッチ筋トレのアドバイス。

5、患部への負担の少ない
体の使い方(運動)の分析指導。

以上の5つの整体法と指導アドバイスにより、痛みやだるさがある部位のみならず

カラダ全体のバランス特に骨盤のバランスにも着目して、足首や足裏、かかとなどの痛みやだるさの根本改善を図ります。

 

 

また、当院の整体の特徴の一つとして

第二の心臓である足の調整も重要視しております。

なぜなら、足の痛みが長く続くと痛みをかばう動作が慢性化し、慢性的な腰痛膝痛のみならず、

 

肩の高さのバランスの崩れから、肩こり頭痛、めまいの原因にもなるからです。

 

当院にいらっしゃる女性で、ヒールの履き過ぎによる外反母趾の痛みでお悩みの方、約85%の方がきつい肩こり、頭痛、めまいを抱えております。

また、心筋梗塞や脳梗塞は、冷えた足で血栓(小さな血の塊)ができて、それが心臓や脳の血管で詰まることによって発生します。

 

昔からよく言われていることですが

足の冷えむくみは、万病の元健康な足が元気な身体を作る!

あなたも本来の痛みやだるさのない軽くて元気な足を取り戻し、

気持ちよくスポーツやジョギングをしたり、ショッピングや旅行を楽しみませんか?

 


 

内臓調整と頭蓋骨調整を加え、スポーツ障害にも対応したメディアにも注目されている「全身&骨盤バランス整体」をあなたも一度、体感してみませんか?


あなたも痛みやつらさ、重だるさ根本改善し、フワッ軽い体笑顔な心仕事子育て、趣味やスポーツを思いっきり楽しみましょう♪

 

 



実際に、当院の「全身&骨盤バランス整体」を体感したお方の声をお聞きください ⇒ みなさんの声

 

足の痛みはO脚や骨盤のゆがみとも深い関係があります。
O脚のページ骨盤のゆがみのページもご参考にしてみてください。